香林企業股份有限公司-香林企業、海ぶどう、概日リズム、サスティナビリティ、香林環保、プロモイス

企業情報

代理項目

Ajinomoto Group

Ajinomoto Group

Ajinomoto創立のきっかけは、東京大学の池田菊苗博士は昆布だしを味わううちに、昆布だしの研究に取りかかり、1908年ついに昆布だしの味成分がグルタミン酸というアミノ酸の一種であることを発見し、この味を「うま味」を命名する。その「うま味」の発見を創業の礎としている味のグループは、アミノ酸の研究・開発で世界的なリーダーシップを発揮し、食品や医薬用アミノ酸でスタートし、独自技術を磨き、化粧品向けアミノ酸界面活性剤、医薬部外品まで事業を通じて、21世紀の人類社会の課題解決に貢献していきます。
Adeka Corporation

Adeka Corporation

ADEKAは本社所在地を東京として、1917年に設立しました。ADEKAグループは“化粧品”及び“食品”を主な二大事業として、ハイテクノロジー及びハイクオリティを追求した様々な化粧品原料を取り扱っています。そのうちチキソトロピー性のゲル化剤(GT-730,GT-930)、表面活性剤、洗剤等、独自の特性を活かした製品を開発し、クライアントへ良質な化粧品を提供しています。
Applechem, LLC.

Applechem, LLC.

ApplechemはDr.Samuel Linにより2003年に創立され、小さな実験室から一定規模の製造業者へとなりました。Applechemは高い安全性、安定性をもち、使いやすい製品シリーズの開発に力を注いでおり、天然植物ゲル、増粘剤、顔料分散剤等、様々な製品を取り扱っています。
Arysta Health & Nutrition Sciences

Arysta Health & Nutrition Sciences

2010年10月1日にアリスタライフサイエンス株式会社の別会社として設立し、化粧品等の化学製品及び食品を取り扱っています。AH&NSは薬品、動物薬品、化粧品、健康食品、植物栄養食品等の生命科学分野における製品又はサービスの提供に力を注いでおり、全ての方の健康で快適な生活の創造を目指しています。
Chiba Flour Milling Co.,Ltd

Chiba Flour Milling Co.,Ltd

千葉製粉株式会社は1947年11月18日に設立し、主に商業用小麦粉、ミックス事業、食品機能素材及び化粧品素材の開発及び販売を行っています。そのうち、現在化粧品素材の中心的事業であるショ糖脂肪酸エステルの製造技術により、日本や海外の化粧品製造業者へ他にはない感触の化粧品原料(増粘剤、被膜剤、エステル油等)を提供しています。
Hayashibara Co.,Ltd.(NAGASE Group)

Hayashibara Co.,Ltd.(NAGASE Group)

水飴製造業として1883年に創業した林原は、微生物の作り出す酵素を用いて、「夢の糖質」とも呼ばれるトレハロースやトクホに配合されて注目を集める糖転移ヘスペリジン、美白化粧品に使用されている安定型ビタミンCなど各種糖質の開発を行い、人々の生活に寄与する製品や技術を次々と生み出してきました。2012年にNAGASEグループの一員となり、自主開発した各種素材を用いて、「医、食、健、美、色」の5つのフィールドにおいて展開を開始しました。NAGASEグループの各企業によるサポートの下、海外事業を積極的に広げていき、各種ユニークな製品を広く世界へお届けしています。
Horus Co.,Ltd

Horus Co.,Ltd

株式会社ホルスは1990年3月に設立し、プラセンタエキスを中心とした原料を取り扱っており、化粧品、医薬部外品、健康食品及び医薬品原料の製造、販売を行っています。
Ichimaru Pharcos Co.,Ltd

Ichimaru Pharcos Co.,Ltd

一丸ファルコスは日本の岐阜県に位置し、安全で無汚染の自然環境と、約半世紀に渡る豊富な経験により、植物エキスの研究、製造を行っています。国際舞台において数々の論文及び学術発表を行い、各展示会においても様々な賞を受賞しています。これまで開発してきた製品は800種類以上にわたり、日本でトップ5の抽出物原料メーカーです。一丸ファルコスの製品は現在40カ国以上で販売され、幅広く活躍している企業です。
Nihon Emulsion Co.,Ltd

Nihon Emulsion Co.,Ltd

日本エマルジョンは1950年に設立し、非イオン界面活性剤の研究におけるパイオニアであり、60年以上にわたり最新の合成技術によって新型乳化剤の研究、開発を行っています。日本エマルジョンが考案した有機概念図は、乳化剤の選定において、的確なスクリーニングに役立っています。
Seiwa Kasei Co.,Ltd

Seiwa Kasei Co.,Ltd

株式会社成和化成は、タンパク質などの天然素材の加水分解、精製の技術に加え化学修飾技術を合わせて化成品の開発を行っています。1998年からはこれらの技術をシリコーンと融合させ、ユニークな物性を持つハイブリッドポリマーを製品化し、近年では香粧品向けの低分子効能成分の精密合成など新しい分野へ積極的にチャレンジしています。
ShanghaiHuiwen Biotech Corp.,Ltd

ShanghaiHuiwen Biotech Corp.,Ltd

主に、化学原料、染料、製造機械、電子部品材料、健康食品、食品添加物、医療設備及びプラスチック製品等の輸出入貿易及び国内販売を行っています。
The Nisshin Oillio Group,Ltd

The Nisshin Oillio Group,Ltd

日本の油脂製造におけるリーディングカンパニーとして、日清オイリオは100年の歴史を有しており、油脂の専門的な研究開発を行っています。製品ラインには食用油、工業油及び化粧品用油剤があり、専門的な脱臭・脱色技術及び合成技術によって高い安全性・高い品質の化粧品用油剤を提供しています。日清の油脂はスキンケア用品、メイクアップ用品として顔料分散、乳化安定性、密着性等の様々な機能をもたらしています。
  • 統一番号:70840978
  • 住所:11670台北市文山区景文街46-1号10階
  • 電話:+886-2-8931-3301
  • FAX:+886-2-8931-3323
  • 統一番号:24932469
  • 住所:24243新北市新荘区中正路68号7階
  • 電話:+8862-2201-1889
  • FAX:+8862-2276-8119

怡滬国際貿易(上海)有限公司

  • 住所:200233上海市徐匯区桂平路333号4階702-704室(上海聚科生物園区)
  • 電話:+86-21-5424-0077

香霖国際貿易(広州)有限公司

  • 住所:510030 広東省広州市越秀区西湖路12号広百旧翼商業ビル20階2006、2007室
  • 電話:+86-20-3888-9468